ぽんこつモデラーの徒然


by J2M3-21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

1/72 NorthAmerican P-51C Mustang

とても昔に製作途中の記事を書いた気がするムスタングさんが完成しました。
e0195729_1235396.jpg

キットはアカデミーの物です。
ところどころ合いがイマイチなところはありましたが、特に苦労する事もなく完成しました。
改造等も特にしていないので、製作に関してはあんまり書く事がないんです・・・
e0195729_12404673.jpg

キャノピは開閉選択式だったので、折角なので開けてみました。
このタイプのキャノピは窮屈で、ファストバック型の機体ですから後方視界も悪かったので、後に後方に若干膨らんだ形状で後方視界を改善した「マルコムフード」に順次変えられていったようです。
e0195729_12593144.jpg

マーリン・ムスタングのキットでは機首形状が話題になる事が多いようですが、個人的にはどの会社のキットでも大差があるようには思えませぬ・・・
ここらへん、恐らくは私があり得ない程鈍感なだけなのかなー、とは思うのですが、あんまり実機の形状とか気にしない人なので・・・
エンジンがアリソンからマーリンに変わった事で機首上面にあった気化器のインテイクを機首下面に配置したので、A型からだいぶ印象が変わっています。
e0195729_1316630.jpg

真横から。
マーキングは黒人航空隊の332nd FG所属機から2種類選べるようになっていました。
アカデミーのデカールは発色は良いのですが、余白が大きい、糊が弱い、やや硬め、と少し苦労しました。

以降、後ろ姿数枚。
e0195729_13145284.jpg
e0195729_13153224.jpg
e0195729_13154167.jpg

個人的に尾輪式のレシプロ機は斜め後ろからがベストアングルなのでは、と思っていて、ついバックショットばっかり撮ってしまいます。

e0195729_13361159.jpg


アカデミーの日本での代理店はグンゼだったのですが、去年あたりにグンゼがアカデミーとの代理店契約を解消してしまったため、しばらく国内では品薄の状態だったのですが、最近別の業者が代理店となったらしく、また店頭に並ぶようになったのは嬉しいことです。しかし、価格が倍近くまで跳ね上がってしまっているのは・・・

ではでは・・・
[PR]
# by J2M3-21 | 2016-05-22 13:44 | 模型 完成品

抹茶白玉

寒いのでどこか温泉にでも行きたいところです。
でも例年に比べると心無しか暖かい?

久しぶりにフェイクスイーツを作りました。

e0195729_23121112.jpg

抹茶白玉でござい。

材料はいつもの通り粘土とかシリコンとかとか。

白玉のツヤ具合がお気に入りです。
ですが・・・白玉はモデナを無着色で形作っただけなんですが、乾かすと案外黄色っぽくなるんですねー・・・
同種の樹脂粘土であるグレイスとかコスモスも試してみようかしら。

e0195729_23193570.jpg

デジカメのミニチュアモードで。
なんとなくそれっぽい?

緑ってカメラによって描写に結構差がでますよね。


ところで、この前デザインフェスタに行ってきました。
色んな人が色んなハンドメイドの物を売ったりしているイベントなんですが、いつか出したいと思っていたので下見と言いますか。
で、やっぱりなんですけどレベルが高過ぎて出展には二の足を踏んでしまう、というのが正直なところデス・・・
創作意欲は刺激されたんですけどネ・・・・



ではでは・・・
[PR]
# by J2M3-21 | 2015-12-14 23:37 | フェイクスイーツ

九十九里ツーリング

先日、九十九里浜にツーリングに行って来ました。

天気も良く、日が出ている内は寒くもなくむしろ気持ちいいくらいでした。
日が傾いてきてからはとても寒かったですが・・・
e0195729_21444034.jpg

一緒に行った友人のバイクと一緒に。
ホンダのジェイドというやつらしいです。
クルーザー以外眼中になかった私ですが、ネイキッドもいいですね。

九十九里浜。
e0195729_22103023.jpg

海には久しぶりに来ましたが寄せては引いての波はずっと見ていられますね。
それにしてもこの寒い時期にもサーファーの方々は楽しんでおられているようでした。寒くないんでしょうか・・・
海沿いに走る県道30号からはほとんど海は見えず、海を見ながら走りたいなら30号より浜沿いを走る有料道路に乗らなければいけないみたいです。

お昼ご飯は30号線の古民家食堂もちづきというというお店で頂きました。
e0195729_2219666.jpg

九十九里はハマグリとイワシが特産品らしく、それらののぼりが目立ちました。
e0195729_223753.jpg

逆光ですが・・・私が食べたのは天ぷら定食。
天ぷら(ピーマン、カボチャ、ナス、ホタテ、イワシ2枚)とイワシのつみれが入ったお吸い物、小鉢3つ、ご飯で1300円!安い!
e0195729_22445064.jpg

小鉢の一つ。海草を葛か寒天あたりで固めたものでしょうか。海苔っぽい味がしました。
e0195729_22463941.jpg

同じく小鉢のイワシの醤油煮。これだけでご飯2杯はイケます!
語彙が不足しているので食レポはニガテですが、とても美味しかったです。美味しい美味しい言いながら食事したのなんて久しぶりでした。
友人が食べていたいわしづくしというメニューではさらにイワシのみりん干しと丸干し、胡麻煮が付くという贅沢っぷり。
e0195729_22581827.jpg

一緒に頼んだイカ焼き。
ショウガがたっぷり入った醤油ベースの漬け汁に浸されたイカを焼くのですが、これも美味しい。
七輪で焼くのでちょっと焦げ気味になってもまたそれがいい。
もう大満足だった訳ですが、機会があったらまた行きたいお店でした。


それにしても本格的に寒くなってきたのでそろそろ冬支度が必要ですね。
冬はニガテです・・・


ではでは・・・
[PR]
# by J2M3-21 | 2015-11-29 23:11 | 日常

Pz.Kpfw.35(t)

ちゃんと写真を撮りました第二弾。

どーん。
e0195729_2392780.jpg

e0195729_2394325.jpg

e0195729_2310126.jpg

e0195729_2310132.jpg

キットはチェコのCMK社のものをタミヤが一部パーツを追加して自社ブランドで出したものです。
年一で池袋の東武でやってるタミヤモデラーズギャラリーで箱無しデカール無しで1000円くらいで買いました。
その後デカールをカスタマーサービスで注文したのですが在庫切れで結局手に入らずマーキングは手書きです。
基本的に素組でホーンや機銃の銃口に穴を開けた以外は弄っていません。
キットのディティールは可もなく不可もなくと言ったところですが、要所要所(機銃とかOVM)をタミヤの追加パーツに置換していくことでより良いものになります。
砲塔のリベット表現が車体に比べて弱いので、気になる人はリベットを打ち直した方が良いかもしれません。
また、キットのパーツが結構歪んでいて、丁寧に仮組をして直していかなければ中々水平垂直が出ないんですが、そこら辺は適当にやったのでそれなりに歪んでます(汗


今回はウォッシングに油彩絵具を使って、実物見るともうちょっと複雑な色味に見えるんですが、写真の撮り方が悪いのか、ほとんど分かりませんね。


さて、実車の方なんですが、これで軽戦車なんだそうです。
我が国的な基準で言うと九五式軽戦車と九七式中戦車の中間くらいになりそうですね。
元々はチェコ・スロバキアの戦車でナチスが同国を併合した後に自国軍の装備として編入したものだそうです。35(t)のtは重量の意味ではなく、ドイツ語でチェコの頭文字だそうです。当時のナチスにはⅢ号とⅣ号戦車がありましたが、それらはまだ少数で主力は本来訓練用となるはずだったⅠ号とⅡ号戦車だったので、それらに比べるとかなり有用な戦力となったことでしょう。
そうして開戦からナチスの快進撃を支えてきた35(t)ですが、独ソ戦に入るとソ連のT-34やKVといった段違いに高性能の敵戦車と戦わなければならなくなり、奮闘空しく次第に失われていったそうです。



ではでは・・・
[PR]
# by J2M3-21 | 2015-11-22 00:04 | 模型 完成品

1/72 Ju87G-2

先日、ちゃんとした撮影環境をお借りする機会があったのでスツーカ君の撮影を行いました。

で、どーん。
e0195729_0192371.jpg

e0195729_0194045.jpg

e0195729_019575.jpg

e0195729_020109.jpg

相変わらずの素組、筆塗りなので特に書くことも無いんですが・・・
毎回悩むところなのですが、航空機ってツヤはどの程度にするのがいいんでしょうね。
レストアされたウォーバードを見るとツヤっツヤなんですよね。
でもそれだとなんかオモチャっぽいというか・・・
個人的にはつや消しもなんか違う気がして・・・
ということで、いつも半ツヤ程度にしています。
とはいってもクリアー掛けている訳じゃなくて、要は塗りっぱなしです^^;
クリアー吹いて色味変わるの怖いんだもん・・・

フジミのこのキット、最近中々見れないくらいにバリが凄くて思わず閉口しましたが、元が80年代のものなので金型が痛んできているとか手入れをキチンとしていないのか、はたまたフジミの射出成形技術の問題でしょうか?
スツーカのG型だと他にイタレリ製とアカデミー製がありますが、イタレリ製は相変わらずの太いモールドでイマイチなのに対してアカデミー製はとてもシャープで再現度も高く価格も安いという優等生なので作ろうと考えている方は是非アカデミー製をば。(パーツの合い具合は分かりませんが、最近のアカデミーの技術力を見るに悪いってことは無いと思います、多分)

それにしてもスツーカさん翼幅が結構あって置き場所に困ります・・・


ではでは・・・
[PR]
# by J2M3-21 | 2015-11-14 00:43 | Fujimi 1/72 Ju87G2